高級ドッグフードと超音波ドッグスパの、肉球のきもち神楽坂店です。
そろそろ夏本番ですね。

当店のある東京都心でも、昼間は体感気温40度くらいまで気温が上がったかと思えば、瞬時に雲行きが怪しくなって突然の土砂降りに襲われるなど、近年の東京の夏本番といった気候になってきました。
都市部では夜間でも都市熱で気温があまり下がらず、知らずのうちに体力が奪われ熱中症予備軍になっている事もあります。
特に日中は、道ですれ違う誰もが眉間にしわが寄ってしまうくらい、とても暑くて厳しい環境です。
もちろん私たち人間にとっても辛いですが、それはわんちゃんにとっても同じなのでしょう。
暑い日の犬は、舌をだらりと出して、ハァハァと息づかいがせわしくなります。
最近ではニュースの天気予報の際、ほぼ必ず「熱中症対策を忘れずに」とアナウンスされます。
まずは私たち人間が気を付かなければならないですが、わんちゃんにも熱中症はあるのでしょうか。

かかりつけの獣医さんが分かりやすく説明してくれたので、まとめてみました!

まず結論から書くと、
犬にも熱中症があります。
パグなどの鼻の短い犬種や北方原産、体温調節機能が弱い仔犬や老齢のわんちゃんには特に注意が必要です。
一般的に、暑さに関する犬の特徴として

  • 寒さに強く暑さに弱い犬種が多い
  • 人間と違って被毛でおおわれているために熱が体内にこもってしまう
  • 皮膚に汗腺がないため、汗で体温調節ができない

ということだそうです。

従って、散歩をさせてあげたいからといって、暑い日の日中に外を歩かせたり、夏の砂浜に犬を連れて行くのはもちろんNGです。
アスファルトや砂で肉球を火傷してしまう危険もあります。
(現に、毎年何匹かいるようです。。。)

これに加えて、特に最近注意したいのが、室内にいるときの熱中症とのことでした。
熱中症というと、とにかく温度を下げようとしがちですが、温度と同じくらい大切なのが、湿度なんです。
温度が低くても、湿度が高いと、犬はなかなか体温を下げられないのだとか。
昼間に1人でお留守番しているわんちゃんには、
「室温25度以下、湿度50%以下」
になるように気を付けてあげてください。
当店では、温度管理はもちろん、湿度にも気を付けています。
暑い日に行く場所がなくて困ったら、是非涼しい当店で、おいしいおやつと、ぬるめのお湯での超音波スパでさっぱりさせてあげてください!!